原因は何なのか

目元の写真

わきがとは、体臭の一つです。 汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺があります。この内、アポクリン腺と皮脂腺がわきがに大きく影響してくる要因となり、わきがの人はこの2つの汗腺の数が多いとされています。体質により汗腺の数が異なるため、それがわきが体質に繋がるのですが、欧米人は80%、黒人は100%とされています。日本人に至っては僅か10%ですので、欧米諸国は珍しい臭いではなくても日本国内では目立ってしまうのです。 原因の一つとして食生活があります。欧米は肉などの動物性脂の摂取が多く、日本は魚や野菜などの植物性脂の摂取が多いとされています。それを踏まえ、近年は食生活が欧米化してきている日本人の体臭率が上がってきているため、今後は注意が必要でしょう。

わきが治療では、患者さんの条件によって健康保険を使っての治療が可能です。保険が使えれば費用がかなり削減できるので、負担を抑えて改善することができるでしょう。 保険が使える条件は、「わきがの臭いが生活に支障をきたす」かどうかという点で決定されます。 健康保険自体が生活を送る上で困難となる病気や怪我に適用できるとしているので、人によって臭いの程度が異なるわきがは、その臭いで判断されることになるようです。ただし、それを判断するのは医師なので、A院では保険適用できないと言われたけど、B院では保険適用できると言われたというケースもあります。 よって、諦めることなく、複数の病院でカウンセリングを受けるのがいいでしょう。